オーガニックコットンとは | オーガニックコットンらしさ

ジョリーメゾン, トッポンチーノ, モノづくり

オーガニックコットンは、農薬や化学肥料など環境や生態系に負担のかかるものを3年以上使用していない健康な土地で有機・無農薬栽培された綿を指します。

水を絶ち綿花を熟成させたら、害虫駆除や除草のための農薬や枯れ葉剤の空中散布もせず、葉が枯れるのを待って刈り取りするので“安全性が高い”と言われています。

また、オーガニックコットン製品は、化学薬剤による洗浄や有害な染色を行わないので、生地自体に綿カスや色ムラ、および特有なにおいが生じていることがあります。

特に、オーガニックコットンを使用した商品は「綿カス」と言って小さな黒いつぶつぶとしたものが付着している場合や、「色のついた微細な繊維」が混入しているときがあります。

「綿カス」はカビではなく、綿の葉・茎・実などの枯れた部分が細かくくだけて最終の糸になるまで残ったものです。全く無害ですし、生地の場合は洗濯することによって少なくなります。

「色のついた微細な繊維」は、主にコットンの収穫時に農家が使用するポリエステルの袋の繊維片で、手摘みコットン特有の証となります。

引用元:bollandbranch.com

一般品として販売されている綿は、この「綿カス」などをとるために一般的に化学薬剤が使われ漂白されているので、たとえゴミがついていても見えなくなってしまいます。

反対に、オーガニックコットンの表面は、何もしていない素肌のようなもの。

綿カスの他、色のついた微細な繊維、糸や生地の工程で飛び込む糸クズもありますが、これも素肌のオーガニックコットンらしさを表しています。

しかし、このような確かな情報が行き届いていない一般のメーカーはすべて「不良品」として扱い、悲しいことに処分してしまいます。

糸や布地の加工工程ではより早く、均質で、美しいものを大量につくるという経済的な理由から大量の農薬が使われ、土壌や草木や動物を痛め、大気と水を汚します。

コットン栽培で働く人たちの健康を損ねず、生産者の貧困や不平等をなくすためにも、子々孫々、未来の世代の人たちに美しい地球を残していくためにも、本来のコットンがもつ素晴らしさを理解し伝え、オーガニックな製品を支持してゆくことが大切ですね。

ジョリーメゾンのトッポンチーノ®︎
数量限定、オーガニックカバー2枚セット販売中です。

フルオーガニックの最高級トッポンチーノに洗い替えカバーセットです。

販売ページはこちら

関連記事一覧